川口納豆 国産中粒三つ折り納豆 | 問題解決リサーチャーよろず研究

ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイト食を知る > 川口納豆 国産中粒三つ折り納豆

 | 全記事一覧 | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川口納豆 国産中粒三つ折り納豆

ようやく川口納豆が戻って来てくれた。
川口納豆

震災から一ヶ月、何がつらいって、まともな納豆が食べられなくて大変難儀していた。
なんて、のんきなことを言ってるし、無事でいるのに罰当たりな発言な気もするが、納豆が食べられないことがこんなにつらいとは思わなかった。

とりわけ週に一度一週間分(なぜか)6個を購入することにしていたこの川口納豆 国産中粒三つ折り納豆(90g)が店頭に無かった日にはもうどうしたらいいのかわからない。「だれだ買い占めているのは!」と叫びたい気持ちがありつつ、きっとあれば自分も買い占めしていたに違いない。とんでもない奴だ。

いえいえ買い占め(だけ)ではなかった。それまで全然気にしていなかったのだが、有限会社川口納豆は宮城県の会社であった。それは無理も無い。WEB上で調べると下記のような記事に行き当たった。転載はしないが 青梅納豆の菅谷食品の方が川口納豆の社長からの受け取ったメール?被災地からのお願い!である。(現状は常に確認のこと!)

川口納豆以外の納豆が入荷されなかったのは、やはり生産地の被災による。誰でもわかると思うが、納豆生産量1位の県は茨城県である。国内総生産量のシェア3分の一を超える、おかめ納豆のタカノフーズがあるし、老舗といわれるメーカも多々ある。以下の記事をリンクしておく。
水戸納豆、ねばり強く復活 被災のメーカー各社出荷再開。頼もしい話である。

ようやく店頭に戻って来た納豆だが、横浜地下街の東急ストアではいまだ一人一個制限が続いている。毎日あるいは日に何度も納豆だけ買いにいく訳にもいかないので、せめて1人3個制限くらいにならないかしら?
横浜の人間は納豆購入に歯止めが効かないのであろうか?

農林水産省によると納豆の都市別購入順位は1位が福島市でサンプル上最下位の51位が和歌山市で、横浜市は16位とまあ、高順位だ。人口も多いけどね。しかし、確かに、まわりに「納豆食べたい」を繰り返す知人も他人も多かった。

なぜ川口納豆が好きか?
以前に近隣のデパートとアンテナショップを巡って食べ比べを続けた結果淘汰されたという味の面。
かつ近隣のスーパーで安定供給可能である点。
そしてコスト面。90gで148円(@東急ストア)はコストパフォーマンス大である。
あと、90gというパッケージも納豆好きにはうれしい。(1人で90g 1食分である)50gパックもあるがちょっと足りない。

さてその味については上手に説明できないが、
まず、国産大豆であること、特に東北の大豆は味が深い(気がする:個人の感想)。
そして中粒の食感。もともとは小粒が好きだったがこの川口納豆中粒以降小粒だと物足りない、かといって大粒だと
ちょっと大味な気がしてしまう(気がする:個人の感想)。

血栓症に効力がある納豆は夜食べると良いといわれている。
酒を飲んだ後の締めのご飯は納豆が好きだ。(デートのときはちょっと別だが。)
被災地の復興を願いながら今夜も納豆を噛みしめる。

<参考にしたよそ様の記事>
全国納豆協同組合連合会
納豆学会
ウィキペディア
川口納豆/国内外の納豆情報総合サイト様
009 村松博士製法納豆あれこれ/テ?マ別納豆コレクション様
村松博士製法の川口納豆/It's a beautiful noise様
「村松博士製法」川口納豆/ファゴット(だけじゃない)日記様
村松博士製法/まりりんの胃袋日記様
川口納豆/ゴッピーの暮らし方様
指導者 ?川口納豆?/納豆包装紙ブログ様
川口納豆/仙台・宮城・東北を考える おだずまジャーナル様
「川口納豆」美味しいです/マサの秘密基地様
川口納豆を食べる [いろいろ]/うつぼの日々徒然様
味はやっぱり川口納豆/日々雑感様
川口納豆/知的好奇心のススメ様
川口納豆/cultural creatives様
川口納豆★宮城 /野菜ソムリエCanaco様
赤いレイベルのニクいヤツ『川口納豆』(宮城県栗原市)/さてと…めしにするか様



コメント

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

プロフィール

管理人

Author:管理人
FC2ブログへようこそ!

興味津々

カテゴリ

お買い得

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。