ブログで最新記事の上に挨拶記事を置く | 問題解決リサーチャーよろず研究

ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイトインターネット > ブログで最新記事の上に挨拶記事を置く

 | 全記事一覧 | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログで最新記事の上に挨拶記事を置く

前回に引き続き今回もちょろいミッションです。
読み応えがなくて済みません。
でも、もしかしたら自分と同じ初心者の方に役に立つチャンスがあるかもしれません。

ようはですな。この記事の一つ上の記事。
ブログやってて、いついってもちゃんと同じページがアタマにあるブログが結構あって、そういうのやってみたいなと思っていたのです。このブログは、まあ最初から読んでいただくというより、発生ベースの問題に対処するブログなので途中をみていただければそれで役目を果たせる(かも)わけですが、別でやってる『団栗ジャンクション』は途中でみるとなんだかわけわからんですからね。多少表紙でエクスキューズしなければと思いまして。

で、ミッションなのですが、アタマに表紙というか扉のあるブログを観察すると、あっと驚いた、そのアタマ記事の掲載日付が未来の日付になっているではないですか!!
なあんだそんなことか・・・と思ってさっそく実験するとできるではないですか。
テクニック的にはこれでオーケー。しかし、未来の日付が出てるってどうよ?と思いまして、それが気になって
さらに調査しました。だって、普段けっこう日付気にしますもん、それがいつの話題か?とかアップデイトされてるのかしらとかね。
明確な結論ではないのですが、未来の日付にして公開することは社会通念上そんなにおかしいことではなさそうです。
まあ、挨拶文が未来の日付だとしても、ほんとに未来からのお告げと思う人はまずいないと思いますし、日付に「ああこれは、挨拶用にそうしてるのね」とわかってもらえそうです。
本文であれば、実際の日付とずらしておくと、なにかを予測する内容のブログだとインチキができちゃいそうですけどねえ。
挨拶とか目次については、日付についてもアレルギーがある人もそんなにいなさそうですね。
というか、たいていの無料ブログの仕組みにはそれ以外の方法がすくないですもん。
いくつかは、ブログの設定で、その記事だけに特別なコマンドを出せるものもあるようです。(自分がやってるブログにはないみたいです。)
逆に上記のテクニックではできないブログサービスもありました。未来の日付で設定すると、本当にその日が来るまで下書き状態で待ってくれることしかできないというシステムです。しかたがないので、そのブログだけは新着記事の順番にしないで、挨拶文を古い日付にして古い順に上から並べてます。(内容がそれでも通用するので)

ミッションは以上です。いやー何しろビギナーなので、このくらいのことでも結構大変。
サイドバーの広告貼りも、最初はチンプンカンプンで今でも面倒でしょうがない。
でもだいぶ慣れてくると、広告貼るのも楽しいです。ただ、貼りすぎるとみにくくなるので、見た目が良くて、内容が難しくなさそうなのをインテリア的に良くなつもりで貼ってます。アフィリエイト的にはちょっと遠そうです。
なので、スペースの関係で貼れない広告をむやみやたらに貼ってみた~いと思って、団栗ジャンクションなるブログを開設したのでした。

ぜひそちらもお訪ねください。http://fanblogs.jp/donguri6/
といっても広告が貼ってあるだけですが、広告利用よりも鑑賞するという感覚で眺めていただくのも面白いかと思います。ストレス解消で済みません。

<参考にさせていた大や記事>
ブログの最新記事の上に

“あなたのファンがどんどん増える” ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~
↓こちらのブログにもよろしかったら遊びに入らしてください。

漫画についてのブログ まんがばかりよんでるから
お酒についてのブログ お酒ばかり飲んでるから!
ダイエットについてのブログ ゆるやかダイエット 健康体験日記
映画やDVDについてのブログ DVD&ジャンクション
なつかしい雑誌の創刊号とその時代 創刊号&メモリーズ
ひまつぶしアフィリエイトもどき 団栗ジャンクション

コメント

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

プロフィール

管理人

Author:管理人
FC2ブログへようこそ!

興味津々

カテゴリ

お買い得

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。